カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

 

自律神経バランス測定事例

≪自律神経バランス測定事例をご紹介≫

※現在作製途中です。その他の事例に関しましては直接お問い合わせください。

★レポートの見方について
 アクティブ:交感神経を意味します
 リラックス::副交感神経を意味します

事例1 ヒーリング前後の変化

 約30分のヒーリング前後の自律神経バランス変化の測定事例です。
 ヒーリング前:副交感神経が優位な状態でした。
 ヒーリング後:交感神経と副交感神経のバランスが整いました。


事例2 企業での健康増進への取り組み(2013年3月20日追加)
 IT 系映像制作会社でのスタッフのお疲れ度チェックの様子。
 年度末、納期に追われ生活は不規則になりがち。
 前日から会社に泊まったスタッフのお疲れ度はMAX!
 本人の自覚以上に疲れが溜まっている模様。
 測定結果を見て「今日はゆっくり休むよ」と話していました。
 自律神経の乱れは病気にかかりやすくなると言われています。
 ゆっくり休んで明日からもガンバってくださいね!


コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100013034&eid=12