カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

 

[事例]自律神経測定による“治療効果の見える化”がもたらしたもの−デフォルト・モード・ネットワークと自律神経の関係 そして代替報酬−

BFI研究会代表 三上クリニカルラボ代表 三上敦士先生のブログをシェアさせていただきます。

自律神経測定器TAS9 VIEWの活用事例になります。

自律神経測定器 TAS9 VIEW
自律神経測定器 TAS9 VIEW

一部引用
これによって山口さんの自律神経機能(ANS)を測定したところ、以前に比べSDNN(RR間隔標準偏差)が顕著に低下していることが分かりました。SDNNはHRV(心拍変動解析)においてANSの活性度を示すと言われており、高ければ高いほど健康であると考えられています。健康な方は40〜100くらいの値を示し、10を切るとかなり深刻な病状にあると捉えられます。

私のこれまでの臨床経験からすると、20を切ると相当なダメージを抱えていると憶断されます。何を隠そう私自身一度だけ17という値になったことがあります(私の健康時は40〜50くらい)が、このときは胃腸の持病が過去最大級に悪化し、本能寺で信長が最後に発したと言われる「是非に及ばず」という文言が脳裏をかすめたほど(本当に大袈裟でなく1カ月半ものあいだ絶食に近い状態でした)。

そしてBFI 後に再び測定したところ、顕著な回復が!その結果が下の画像です(クリックすると拡大)。

Ans01


BFI 研究会の臨床実験において「BFI は生体を副交感神経優位にさせる傾向がある」ことが確認されていますが、今回のように交感神経が極端に落ちている症例に対しては「交感神経を顕著に回復させる結果を得たわけです。


詳しくはオリジナルサイトをご覧ください。
http://arthro-reflex.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/hrvansdmnbfi-d4.html

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100013034&eid=353

ページトップへ