カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

 

[コラム]自律神経測定器の活用方法をご紹介

本ブログでは自律神経測定器についても紹介してきました。

今回は具体的な自律神経測定器の活用方法をご紹介します!

自律神経測定器は、生理学的なパラメーターを測定することで、人間の自律神経の状態を把握することができます。
それによって、健康管理、ストレス管理、医療など様々な領域で利用されています。

一般的に、自律神経測定器は、心拍数バイオリエゲンシス(HRV)などを測定し、それを分析し、自律神経のバランスやストレスのレベルを把握することができます。

具体的な活用方法については、以下のようなものがあります。

健康管理:

自律神経のバランスを把握し、適切な運動や食生活をすることで、健康を維持する。


ストレス管理:

ストレスが高まっているときには、ストレス軽減の方法を取ることで、ストレスを軽減する。

ストレス測定:

ストレスの影響を受けた状態を測定し、ストレス軽減のためのアドバイスを行う。

睡眠質の測定:睡眠の質を測定し、睡眠の不足や不眠症の治療に役立てる。

心理カウンセリング:

心理カウンセリングを行う上で、自律神経のバランスを測定し、カウンセリングの効果を測定する。

メディカルトレーニング:

運動前後の自律神経のバランスを測定し、トレーニングの効果を測定する。

心臓病予防:

心臓疾患のリスクを測定し、予防に役立てる。

などなど、様々な分野で活用しています!

このような活用ができるのが自律神経測定器 HRV2018シリーズです。

ページトップへ